トップページ > そお文化村とは(団体概要)

そお文化村とは(団体概要)

LINEで送る

sooimg

団体特徴

f-logo

そお文化村は、地域の活性化と活力ある地域社会の実現に貢献するために、市民のための文化事業の開催や子ども達の支援活動、イベントの開催、コミュニティスポーツ倶楽部の運営、公共施設の運営管理を行っています。具体的には、末吉総合センターの運営、管理をしながら絵画展の開催、放課後こども教室の実施、秋の元気祭り、冬のダンスコンサートを企画しています、26年度からコミュニティスポーツ倶楽部の活動も始めています。

設立趣旨

趣旨

昭和60年代は全国各地の自治体にホールを備えた文化センターが建設され文化事業で地域の活性化を目指した時代でした。
それから20数年経過して経済の低迷等により自治体の財政状態も硬直化して,以前のような文化事業といわれるものができなくなってきています。
これからは従来のように行政だけですすめていくのではなく,NPOなどの市民団体の積極的な関わりが求められています。
多くの市民がNPOや市民団体の活動をとおして,地域に根付いた文化の育成に寄与し,地域社会の活性化に貢献できるようNPOや市民団体が活躍できる環境をつくる必要があります。
曽於市においても,まだNPOが地域に認知されるまでにいたっていない現状があり,NPOや市民団体が今まで行政が担ってきたものを含めて新たな事業も行いながら地域の活性化を図り活力ある地域社会の実現に寄与しなければなりません。
また,平成22年から児童を対象に放課後子ども教室を開催しており,放課後の子ども達が安心して活動できる場所と学習の機会を提供しています。
このような活動を行うためには任意の団体ではなく,法人格をもった団体が必要となり今回NPO法人そお文化村を設立することになりました。

年表

  • 平成22年5月 放課後子ども教室「メセナっ子末吉教室」を開催する。
  • 平成23年1月 総合センターの活用について特定非営利活動法人設立の検討を始める。
  • 平成23年5月 発起人会を開催する。
  • 平成23年12月 設立総会を開催する。

理事長メッセージ

理事長の児玉です、この施設もすでに建設されてから30年をすぎようとしていますが、総合センターを地域の活性化に利用できないかと独自の企画物を手探りでやっています、当たるもの当たらないものとありますが。何事もまずやってみようとの気持ちで取り組んでいます。

スタッフ紹介

スタッフ児玉

名前:児玉 勝雄(こだま かつお)
役職:理事長
出身地:鹿児島
趣味・夢中になれること:サッカー
主な仕事:施設全般の管理、企画
メッセージ:吹奏楽、クラッシック対応のできるすばらしいホールをもっている施設です、会議室も大/中/小あり駐車場も400台収納可能です。

スタッフ大川内

名前:大川内 康子(おおかわうち やすこ)
役職:理事
出身地:埼玉県
趣味・夢中になれること:編み物、Hay Pay(ゲーム)
主な仕事:ホール管理、文化村総務係
メッセージ:そお文化村は、”文化事業” ”スポーツ倶楽部”も行っています、楽しい憩いの場にしていきたいです。是非ご参加下さい。

スタッフ日高

名前:日高 政広(ひだか まさひろ)
出身地:大阪市
趣味・夢中になれること:バレーボール、シーカヤック、写真
主な仕事:舞台技術
メッセージ:舞台案内、説明します。気軽に遊びに来てください。

スタッフ篠原

名前:篠原 美春(しのはら みはる)
出身地:福岡県
趣味・夢中になれること:子どものサッカー応援
主な仕事:そお文化村の会計、受付業務
メッセージ:色々な企画をします、ぜひ参加してみませんか。
施設名 特定非営利活動法人そお文化村
理事長 児玉勝雄
創業 2012年3月16日
所在地 鹿児島県曽於市末吉町諏訪方8665-3
電話番号・FAX番号 0986-76-7100/0986-76-7102
営業時間 8:30~22:00
定休日 月曜日・12月28日~1月4日

 

アクセスマップ